脇の下の黒ずみや青い剃りあと気になっていませんか?

カテゴリー

ノースリーブじゃなくても、ふとした瞬間にチラッと見えてしまう「脇の下」

自信のない「ワキ」を大好きな彼にでも見られたら”一大事”ですよね。。。

間違ったケアを継続していると、さらに悪化していってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カスタム検索

色素沈着(黒ずみ)の原因

ワキの皮膚は関節部分のため「摩擦」が起こりやすいほか、汗や皮脂が溜まりやすく負担の大きい場所です。

さらに、ムダ毛処理を頻繁に行うため「炎症」が起こりやすく、皮膚にとって過酷な条件が揃ってしまっているのです。

肌は執拗な刺激を受けると、防御しようと角質を厚くし「メラニン色素」を出します。

089982

この「メラニン色素」が皮膚に沈着すると黒ずんでしまうというメカニズム。

制汗剤には注意が必要

制汗剤には「スプレータイプ」「シートタイプ」などがあり、心地良い使用感からついつい使いすぎてしまうものです。

しかし、中には刺激の強いタイプのものがあるほか、パウダー成分が毛穴に詰まり「ワキ」に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

適度な量を守り使用していれば問題ないのですが、過剰な回数使用したり「至近距離からスプレー」「シートタイプでゴシゴシこする」などを繰り返すと負担が積み重なり、後々悪い結果になってしまいます。

078892

あなたのムダ毛処理法は?

薄着になる季節は「ムダ毛処理」の回数が増え、「抜く」「剃る」などの自己処理では、ワキの皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

最近は「エステサロン」の脱毛も低価格でおこなえるので、お試しで体験するのも良いかもしれませんね。

他人に処理されることに抵抗がある方は、自宅でも「エステサロン」と同レベルのケアが可能な「脱毛器」をおすすめします。

「脱毛技術」が向上している昨今、「抜く」「剃る」という方法は負担の蓄積による「黒ずみ」に直結してしまうので、

103820

一生付き合っていくお肌の為にもう卒業しましょうね。

 

脇の下の黒ずみや青い剃りあと気になっていませんか?
この記事をお届けした
トータル美容.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
カテゴリー
カスタム検索
【期間限定キャンペーン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする