SBC【湘南美容外科クリニック】減量やダイエットでお腹の脂肪は落とせましたか?ダイエットと脂肪吸引の比較

カテゴリー

脂肪吸引、二重なら 実績の<湘南美容外科>

毎日頑張って、つらい食事制限や運動を続けてきたのに、どうしても脂肪が落ちずにプニュプニュしている部分があり、スリムな女性を見ては「ため息」をついたりしていませんか?

あなたの「絶対に痩せたい!」を叶えてくれる『脂肪吸引』ですが、どんなイメージを持っていますか?

あまり具体的なことは知らずに、イメージが先行してしまいがちな『脂肪吸引』は、実際どのような手術なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カスタム検索

『ダイエット』と『脂肪吸引』の違い

《ダイエット》

脂肪を摂取しすぎて膨らんだ脂肪細胞を食事制限や運動などで調整し、余分な脂肪が蓄えられていない状態にすることです。

継続的に効果的なダイエットを実践すれば、身体全体の体重は減少していきますが、ピンポイントで部分的に痩せることは難しい

《脂肪吸引》

脂肪細胞の膨らみを調整するのではなく、脂肪細胞自体を取り除き数を減らすことが出来ます。

ピンポイントで部分的に痩せることが出来るため、気になるボディラインを整えたい女性に適しています。

湘南美容外科クリニック

女性の「お悩み部位」

《ぽっこりお腹》

筋肉のつきにくい女性の身体は、激しい腹筋運動を繰り返しても、脂肪の落ちにくいお腹は、なかなかヘコんでくれません。

やっとの思いでヘコんだとしても、リバウンドしやすく女性にとってとても厄介な部位です。

《二の腕》

人の目に触れやすい「二の腕」のプルプルと揺れる脂肪に悩んでいる女性は大変多くいます。

普段の生活ではあまり使われない「二の腕」は、筋肉量が少なく脂肪がつきやすいので、たるんで垂れ下がってしまいます。

湘南美容外科クリニック

 

《ヒップ》

美しい女性のスタイルにとって大切な「ヒップライン」にも脂肪はつきやすく、たるんでしまいがちです。

バランス的にお尻が大きいと、足が短く見えてしまったり、実際よりも太って見えてしまうので、コンプレックスに感じている女性が多くいます。

《太もも》

かなりハードな運動やトレーニングをしない限り、痩せることが難しいのがこの太ももです。

湘南美容外科クリニック

とくに太ももの内側は、脂肪がつきやすいうえに引き締めにくい、とても困ってしまう部分なんです。

かつて本格的にスポーツをしていた女性は、筋肉が減っていくと同時に脂肪がついていってしまうので、注意が必要です。

安全に確実な部分やせ

過酷なダイエットをして体重は減ったものの、部分的な脂肪により、理想のスタイルになれないといった悩みをお持ちの女性が大変多くいます。

そんな女性たちが、理想のボディーラインを手に入れるために『脂肪吸引』のニーズがとても高くなっています。

『脂肪吸引』は、脂肪細胞自体を吸い出して取り除くため、リバウンドしにくく傷口も最小限で目立たないので【湘南美容外科クリニック】でも人気の施術方法なのです。

あなたのライフスタイルやご希望に合わせて多彩な痩身術があるので、ぜひ公式ページで詳細を確認してみてくださいね。

脂肪吸引

SBC【湘南美容外科クリニック】減量やダイエットでお腹の脂肪は落とせましたか?ダイエットと脂肪吸引の比較
この記事をお届けした
トータル美容.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
カテゴリー
カスタム検索
【期間限定キャンペーン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする