【じゃばらジュース】《花粉症対策》目がかゆい…鼻水が止まらない?花粉症は根本的な対策が必要なんです

カテゴリー
花粉症対策【じゃばら】

いつ誰がなってもおかしくない、日本人の4人に1人が発症している『花粉症』

まだ、症状が出ていない方も、明日の朝起きたら鼻がムズムズ目が痒くて、擦らずにいられなくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カスタム検索

薬に頼らない『花粉症』対策

この世に生を受けてから、現在までの期間に吸った「花粉」の量が発症確率に深く関係しています。

鼻炎薬などで、症状の緩和はできますが、薬の効力が切れると、またクシャミや鼻水が止まらなくなってしまいますよね。

残念なことに1度発症してしまうと、自然治癒率は5%ほどしかないのが現状です。

6d996a37ae3c08e6b812d6816652bded_s

花粉の飛散量が多い日でも、薬を服用せず、マスクや花粉対策用メガネも着用しないで過ごしたいですよね。

その願いを叶えるためには、薬に頼らず生活習慣と食生活の見直しが大切になります。

免疫バランス

仕事や学校がある平日は、花粉症の症状がひどくて、鼻水と目のかゆみで「ボー… …」としてしまうのに対して、楽しい予定がある休日は、症状が軽く『花粉症』であることを忘れていた。。。なんて経験ありませんか?

これは、人間の免疫力の浮き沈み、いわゆる免疫バランスが深く関係しているんです。

憂鬱な平日は「ストレス」の悪影響で、自律神経のバランスが崩れやすく免疫力が低下してしまいがちなので、少ない「花粉飛散量」でも過剰に反応しやすくなってしまいます。

あなたはこんな経験ありませんか?

3e029957929dd98d7c9353742c82d19f_s

この現象を解消するには、良質な睡眠が得られる、規則正しい生活習慣と栄養バランスのとれた食生活が必要不可欠。

酒・タバコは症状悪化のもと

せっかく、マスクや花粉症対策メガネなどの、花粉対策グッズで目・鼻・喉の粘膜を守っているのに、喫煙している方をよく見かけます。

タバコは、鼻と喉の粘膜に刺激を与えてしまい「花粉症」の症状悪化を助長してしまうので喫煙は控えることをオススメします。

b7132f2a5493c10cbd99d0fbb8c815b4_s

また、アルコールの摂取は、血管を充血状態にしてしまい、花粉に対して敏感な状態を作り出してしまうので、飲酒は避けた方が賢明です。

幻の果実【じゃばら】

希少なことから、幻の果実と呼ばれている【じゃばら】という柑橘類の果実をご存知ですか?

和歌山県特産の北山村産【じゃばら】は、人気テレビ番組「金スマ」や「おもいっきりテレビ」で紹介され話題沸騰中の果実です。

【じゃばら】の果皮に多く含まれている「ナリルチン」は、抗アレルギー用組成物として特許を取得していて、花粉症をはじめ、

他のアレルギーにお悩みの方にも非常にオススメな注目成分なんです。

その【じゃばら】を贅沢に使用して、大変飲みやすく作られた『じゃばらジュース』『じゃばらサプリ』の詳細は公式ページにてご確認いただけます。

【じゃばらジュース】《花粉症対策》目がかゆい…鼻水が止まらない?花粉症は根本的な対策が必要なんです
この記事をお届けした
トータル美容.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
カテゴリー
カスタム検索
【期間限定キャンペーン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする